ボイストレーニング教室や養成所に通って声を鍛える

車

声を出す方法

ボイストレーニングの正しい方法

巷には多くのボイストレーニングを扱うスタジオがあります。しかし、中には間違いだらけの指導を行っているスタジオもあるので注意が必要です。 では、ボイストレーニングの正しい方法とはどのようなことなのでしょうか。 まず、トレーニングの時はリラックスした状態、つまり肩の力を抜いて自然な状態で発声することが大切です。 加えて、大きな声を出すことを意識するのではなく、腹式呼吸を意識することです。腹式呼吸をマスターできれば、自然と声が通るようになり声量も増えるためです。 そして、音感とリズム感を身につけることも必要です。 これらのトレーニングをする際に、マニュアルを押し付けるスタジオだと、あまり成果は見込めません。 ボイストレーニングの基本は楽しく歌うことだからです。

ボイストレーニングを受ける理由

ボイストレーニングを利用する人は、歌手を目指す人だけではありません。ボイストレーニングを受ける人の多くは、一般人なのです。では、なぜ歌手を目指す訳でもないのに、トレーニングを受けるのでしょうか。 理由として挙げられるのは、ボイストレーニングはビジネスの現場でも重要なトレーニングになるからです。 まず、私達人間は声を通して他者と意志疎通を図ります。そのため、発声の仕方によって相手の印象も左右されるのです。ボイストレーニングで行う腹式呼吸の発声をマスターできれば、自然と声が通るようになり声量も増します。これによって、相手に「自信に満ちている」 という好印象や信頼感を与えて商談などには役立つのです。このような効果を狙って、今やビジネス研修にボイストレーニングを取り入れる企業もあるほどです。